これなら絶対できる!実践できる夜寝る前のむくみ解消法

体重は変わっていないのに、なんとなく膨張して見えてしまう・顔が太って見える・・そんな時はむくみが原因であることもあります。特に朝むくんでいると化粧をしていても楽しくないですし、朝からブルーな気持ちにもなってしまうでしょう。ですから朝むくまないようにするためには、夜寝る前のむくみ解消法が必要です。

辛い食べ物を食べない!むくまない食事選びを

朝むくまないようにするための方法として、夜に辛い物を食べないようにするということが必要です。夜に辛い物を食べてしまうと翌朝むくんでしまうことが多いので、もし食べてしまったような時は代謝を良くするために水を飲んだり、睡眠時間をたっぷり取るようにもしましょう。辛いものは新陳代謝を良くするので健康には良いですが、食べる時間を夜にしてしまうとむくみにつながります。

水も睡眠も適度に

夜辛いものを食べた時は、体内に塩分を多く蓄積させないようにするために水分を摂取する必要もでてきますが、飲み過ぎるとむくみの原因にもなってしまうので注意です。また、良く眠ることで代謝を良くすることができるので、良く眠ることも夜寝る前のむくみ解消法として最適ですが、睡眠も寝すぎはむくみの原因になります。適度に水も睡眠もとるようにすることが大事です。

飲酒はNG!炭酸で我慢しよう!

夜寝る前のむくみ解消法として、飲酒はしないようにしましょう。飲酒はストレス解消にもなり一日の終わりの楽しみになることも多いですが、飲むことによって睡眠は浅くなりますし、中性脂肪もつきやすくなってしまいます。浅い睡眠も脂肪がつきやすくなるのもむくみの原因になるので、むくみたくないなら夜寝る前は飲酒しないようにしましょう。どうしても飲みたい時は炭酸水で我慢してみましょう。

微炭酸の美容ドリンクも良い

そして炭酸で飲酒欲を無くすのであれば、もう少し頑張ってみて炭酸飲料を美容ドリンクに変えてみましょう。お風呂上りの1杯を美容ドリンクにすることで美容にも効果的になりますし、糖分をおさえることができる場合もあります。美容ドリンクに含まれる美容成分がむくみを抑えてくれることもあるので、微炭酸の美容ドリンクをお酒の変わりに置いておいても良いでしょう。

引き締め効果のある化粧水を使う

朝むくまないようにするためには夜のむくみ予防のためのスキンケアが大事です。夜にきちんとお手入れしたことが朝の肌に反映されることが多いので、夜行うむくみ予防として夜の念入りな美容ケアは忘れないようにしましょう。引き締め効果のある化粧水や、顔パックをして寝るようにしても良いでしょう。引き締め効果のある化粧水であれば、たっぷりつけて手でしばらく顔を覆うようにして、しっかりなじませるようにしても良いでしょう。

質より量を

むくみを予防させたい時の引き締め用化粧水は、質より量を選ぶようにしましょう。たっぷりと肌に吸収させることが大事なので、高品質のものを少し肌につけるよりも、リーズナブルな化粧水をたっぷり肌につけたほうがいいでしょう。夜は質より量でむくみ予防をしてみましょう。

入浴時マッサージすることでむくみ予防

夜寝る前のむくみ解消法として、マッサージも効果的です。マッサージをすることによって血の巡りを良くすることができますから、むくみ予防につながります。また、やるなら入浴後の体があたたまっている時が最適です。体があたたまっていることで効果も出やすいですし、冷えを感じる冬時は血の巡りを良くする絶好の機会です。夜寝る前、わざわざマッサージをするのが面倒であれば、布団の中でマッサージするのも良いでしょう。

夜寝る前のほんの数分をマッサージにあてるだけで朝のむくみの悩みから解放されやすくなります。布団の中であれば体もあたたかいままなので、快適な状態でマッサージを行うこともできるでしょう。面倒くさがりでマッサージはついつい手抜きになってしまう人も、布団の中でのマッサージであれば簡単にできます。体だけでなく、首元、肩揉みなどをするのも顔のむくみ予防になります。

夜寝る前のむくみ解消法は苦にならないものを

夜寝る前のむくみ解消法は、苦にならないものを選ぶことも大事です。夜寝る前の時間と言うのは一日の仕事を終え、もう何もしたくないような気分になっていることがほとんどです。ですからそんな時面倒な方法のむくみ解消法はやりたくなくなってしまうことも多いです。ですから手軽で簡単、少しの意識だけでできるものを採用するようにしましょう。

また、道具を使うのであれば目に見えるところに道具を置いておくのも良いでしょう。お酒をやめて美容ドリンクにするならお酒は冷蔵庫に冷やさず、美容ドリンクを冷やすようにもしましょう。手に取りやすいもの、使いやすいものに人は惹かれるので、食べ物や飲み物もむくみに影響するものは避けて置くようにもしましょう。そうすることで簡単にむくみ解消法が続くようになります。