医療レーザー脱毛にも種類があった!機種による脱毛法の違い

せっかく脱毛するならしっかり効果のある医療レーザー脱毛がしたい!こうお考えの方も多いはずです。
でもちょっと待ってください。医療レーザー脱毛はどこでやっても効果はみんな同じだと思っていませんか?

実は、医療レーザー脱毛にも種類があったんです!
今回は医療レーザー脱毛の種類と選び方についてご紹介します。
自分にピッタリ合った種類の医療レーザー脱毛でつるつるぴかぴかのお肌を手に入れましょう!

どれも同じだと思われていた医療レーザー脱毛にも種類があった!

「医療レーザー脱毛はどのクリニックでやっても効果は同じ」
こんな言葉を耳にされた方も多いのではないでしょうか。
実は、今は医療レーザー脱毛にも色々な種類があるんです!

医療レーザー脱毛の種類とは、脱毛機の種類のことです。
ひと昔前まで「どこでやっても効果は同じ」と言われていたのは、医療レーザー脱毛を実施しているどこのクリニックでも同じ脱毛機を使っていたからなんです。
つまり、医療レーザー脱毛の種類とは脱毛機の機種の違いです。

ひとくちに医療レーザー脱毛といっても、脱毛機によって脱毛方式や得意な毛不得意な毛など特徴は様々。
脱毛期間や痛み、お財布事情なども考えて自分に合った脱毛機を見つけるのが、全身つるすべへの近道なのです。

最低限これだけは!知っておきたい脱毛の常識

ここまで医療レーザー脱毛を前提にお話ししてきましたが、それってエステの光脱毛とどう違うの?そもそもどうやって脱毛しているの?
とお思いの方も多いはずです。
ここでは脱毛を考えるときに知っておきたい常識2つをご紹介します。

脱毛エステと医療レーザー脱毛の違い

最も大きな違いは「医療行為を行えるか」です。
じつは、永久脱毛をするには何らかの細胞組織を破壊する必要があります。そしてこれは医療行為にあたります。
当然脱毛エステはエステサロンですから医師免許を持った人間はいません。ですから医療行為を行うことはできません。

じゃあエステサロンの脱毛って何なの?ということになりますよね。
エステサロンの脱毛は「減毛・抑毛」ということになっています。エステサロンの脱毛は永久脱毛できるほどの出力を出すことはできないのです。

ですので、確実に効果を得たいなら医療レーザー脱毛になるのです。
クリニックなら医療行為を行うことができるので、エステサロンよりも強い出力でしっかり永久脱毛することができます。

脱毛の仕組み

現在主流となっている脱毛方式は、毛周期に合わせた脱毛です。
日本人の毛は黒く、メラニン色素がたっぷり含まれていますよね。このメラニン色素にレーザーを反応させ、光を熱エネルギーに変えます。
メラニン色素に反応して熱くなった毛から周囲の細胞に熱が伝わり、毛母細胞を破壊するのが現在主流になっている脱毛法なのです。

医療レーザー脱毛機はひとつじゃなかった!

どこも同じレーザー脱毛機を使っていたころとは違い、今は様々な脱毛機があります。
メリット・デメリットを比較してみましょう!

ジェントルレーズ

今最も日本に普及している脱毛機です。アレキサンドライトレーザーと呼ばれる種類のレーザーを使っています。
このレーザーは黒い色素に良く反応するので、黒い毛が多い日本人にピッタリだと考えられてきました。

メリット・導入台数が多いのでどこでも施術を受けられる。
デメリット・細い毛は色素が少ないので苦手。バチンと痛みがある。

エリート

アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを打てるタイプの脱毛機です。
ヤグレーザーは、アレキサンドライトレーザーよりも皮膚にエネルギーが吸収されにくいという性質を持っています。
 
メリット

  • アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーで太い毛や細い毛など幅広い毛質に対応
  • ヤグレーザーは黒子や色素沈殿が起こっている個所にも照射可能

 
デメリット

  • ヤグレーザーはエネルギーが高密度になる分痛みが強い

メディオスターNeXT

これは蓄熱式ダイオードレーザーを用いた脱毛機です。今までとは全く異なる脱毛理論で、毛根よりも浅い位置にあるバルジ組織を破壊します。
バルジ組織は毛を生やす命令を出す場所なので、これを破壊すればよい訳です。

メリット

  • 浅いところの組織を狙うので高出力にする必要がなく、痛みが少ない。

デメリット

  • 新機種なので導入台数が少ない。

しっかり選んで自分に合った脱毛機で脱毛しよう!

いかがでしたでしょうか?
このほかにもまだまだ世界には様々な医療レーザー脱毛機が存在しています。

クリニックの考え方によって導入機種は異なります。
導入機種が異なるだけでなく、ドクターの考え方によって運用方法も違うことがあります。

ご紹介したメディオスターNeXTはバルジ組織に働きかけるので、黒い毛がない時期でも脱毛効果があります。
黒い毛がないと脱毛できない従来の機種と違い、毛周期に合わせた照射をしなくても良い機種なのです。
しかし、まだ日本での導入実績が少ないことなどから、メディオスターNeXTでも毛周期に合わせた照射を行っているクリニックもあります。

このように、クリニックやドクターの考え方によって導入機種や運用方法は様々です。
自分が納得できる施術を受けられるように、カウンセリングでは

  • 使用する脱毛機種
  • ドクターが考えている運用方法

をしっかりと確認しましょう!

脱毛エステやクリニックはお金がかかったり予約が取りづらかったりと大変ではありますが、くれぐれも自分でピンセットで…という横着はやめましょう。
黒ずんでしまったりブツブツになってしまうリスクがあります。

この記事が参考になります。
脇の黒ずみ・ぶつぶつを解消したい!市販の○○クリームで治るの?